MBA

エッセイ・ライブラリーのオリジナル教材

『とにかく忙しい方に、すぐ効くGMAT教材を!』がコンセプトのエッセイ・ライブラリーGMAT教材は多くの日本人MBA受験生の方々にご利用をいただいております。

ご希望の方はオリジナル教材申し込みボタンよりお申し込み下さい。

 GMAT 680-700点超えを実現させる教材

本教材は、GMAT 680点から700点以上を目指す方のための全460ページの教材です。

ドリーム校に合格するために、GMATで680点以上、出来れば700点以上のスコアをたたき出して、安心してエッセイ勝負に持ち込みたいところです。しかしながら、日本人が獲得するGMATスコアは、ほぼ600-650点の範囲に含まれるといわれています。

平均的なスコアを超える700点オーバーを達成するためには、制限時間内により多くの問題に正解するしかありません。本教材の目的は、制限時間内に正答する問題数を増やすための勉強法とテクニックを皆様にご提供することです。

出来るだけ多くの問題を制限時間内に正答するために、エッセイ・ライブラリーではCR問題のパターンを認識して対応するという 一種の”型”を覚えて練習することを提唱しています。

本教材では、まずこの”型”をご紹介します。そして次に、この型をどのように 使うのかについて、最新のOfficial Guide 2017年度版、2016年度版、2015年度版(13th), 12thと11th のCR全問を対象に、解答方法を紹介しています。この解答方法を参考に、Official Guideの問題を解くことで、”型”を実際に使うことが出来るようになります。

本教材は、タブレットまたはPCで閲覧可能な電子教材(PDF)です。従って、通勤途中など、どこでも効率的に学習いただけます。この点も、多くの仕事を抱えながらGMAT対策をされているお忙しい方々が、エッセイ・ライブラリーのオリジナル教材が選ばれる理由になっております。

また、ご自宅での演習においても、電子教材という特徴を活かし、ストレスなく自由自在に教材をご活用いただくことができます。例えば、OG演習中にCR基本パターンを参照したくなった場合には、しおり機能を活用されることで、ストレスなく解説や該当するパターンとその正答候補を確認することができます。これにより、OG演習時の学習効果を大幅に高めることができます。

オリジナル教材のコンセプトは、『とにかく忙しい方に、すぐ効くGMAT教材を!』です。本教材で”型”を身に付けて、不要な時間と労力をかけることなく、 最短期間でGMAT高得点を獲得いただければと存じます。今すぐ、お申し込み下さい。

<教材の目次-全460ページ>

・GMAT 680 点から700 点超えのために
・CR のロジックパターン高速解答の概要とそのメリット
・ロジックパターン表の解説(基本ロジックパターンと頻出&難問ロジックパターン)
・Official Guide 2017年度版のCR全問解説
・Official Guide 2016年度版のCR全問解説
・Official Guide 2015年度版(13th)のCR全問解説
・Official Guide 12thのCR全問解説
・Official Guide 11thのCR全問解説

 CR教材のコンテンツ紹介

<教材の一部抜粋>

ページトップへ戻る

 GMAT SCのルール集

Official Guideや予備校で配布されるディスクロージャー問題から、イディオムやその他GMAT SC問題のルールをまとめた全727ページの教材です。特に、SC問題で”最後の2つまで絞ってそこから悩む”という悩みをおもち の方には最適のSC減点スコアメソッドを紹介しております。

本ルール集を覚えれば、すぐにでもGMAT SC試験で必要な知識やルールが身につきます。従って、Official Guideや予備校で配布される ディスクロージャー問題を入手していない方、すぐにSC問題は決着をつけたい方、試験前にSCのルールをまとめておさらいしたい方に最適です。

最新のOfficial Guide 2017年度版だけでなく、2016年度版、2015年度版(13th), 12thと11thの4世代のSC問題すべてについて、本教材で紹介している減点スコアメソッドでの解答例を紹介しています。 実際にどのようにSC問題を解答していくのかを、受験生の目線で詳しい解説が特徴です。

本教材は、タブレットまたはPCで閲覧可能な電子教材(PDF)です。従って、通勤途中など、どこでも効率的に学習いただけます。この点も、多くの仕事を抱えながらGMAT対策をされているお忙しい方々が、エッセイ・ライブラリーのオリジナル教材が選ばれる理由になっております。

電子教材という特徴を生かし、日々の演習においてストレスなく自由自在に教材をご活用いただくことができます。 例えば、OG演習中にSCの関連ルールを参照したくなった際には、しおり機能を活用されSCルールや該当するチェックポイントの復習を行うことができます。これにより、OG演習時の学習効果を大幅に高めることができます。

本教材もCR教材と同様に、『とにかく忙しい方に、すぐ効くGMAT教材を!』がそのコンセプトとなっております。SCのルールやテクニックを覚えるために、数カ月も時間と労力をかける必要はありません。 本教材をご利用になり、短期間でSC対策を万全にして、本番試験を迎えましょう。
お申し込みは、今すぐ下のリンクより。

<教材の目次-全727ページ>

・本教材について
・減点スコアメソッドの紹介
・SC 解答プロセスの紹介
・SC のルール紹介
・Official Guide 2017年度版のSC全問解説
・Official Guide 2016年度版のSC全問解説
・Official Guide 2015年度版(13th)のSC全問解説
・Official Guide 12thのSC全問解説
・Official Guide 11thのSC全問解説

 SC教材のコンテンツ紹介

<減点スコアメソッドの紹介>

以下は、本教材のコアとなる減点スコアメソッドについて解説している章の抜粋です。ご覧になってわかりますように、 減点スコアメソッドには4つのルールしか存在しません。このメソッドと、次の章でご紹介する解答プロセスを組み合わせることで、SC問題を解いていくことになります。


<GMATルール>

本教材において、もっとも受験生に好評な章です。過去のGMAT問題から抽出されたGMATルールのすべてを紹介しています。必要なSCルールやテクニックはすべてこの章にまとめて紹介されております。 膨大な過去問の入手や数カ月にわたって予備校のGMAT講座に通学することなく、SCルールを数週間で身につけることができます。

各違反ケースのご紹介とそれに対応する減点を詳しく解説しています。この違反と減点の対比表を頭に叩き込むことにより、迷わず確実に 正解にたどり着くことが出来ます。


<SC解答方法の紹介>

本教材の解答プロセスを、実際に問題解決に使用してOGの全問題を解いています。

”解説のための解説”ではなく、初見の問題に取り組む際の目の付け所や手順を受験生の視点から忠実にシュミレーションしている点が本教材の最大の特徴です。

本教材で提唱するプロセスでSC問題を解くことを続けることにより、初見ばかりの本番試験でも着実に高い正解率を達成することが出来ます。

ページトップへ戻る

エッセイ・ライブラリーのオリジナル教材

エッセイ・ライブラリーのオリジナル教材(CR SC)は、以下のような方にご使用いただいております。

 A:MBAを志しているが、出願のタイミングは仕事の都合やGMATスコアを参考に決定したい

MBA進学を心に決めているものの、お仕事の都合やGMATスコアを考慮のうえ、出願のタイミングを考えたいという多くの方に教材をご利用いただいています。

いきなり初期投資(20万円以上)と時間的制約の大きい予備校のGMATコースに通うのではなく、お求め易いエッセイ・ライブラリー教材で高スコア獲得を狙いつつ、あくまでもご自身の仕事やペースにあわせて対策と出願を判断できるというメリットが、高く評価されています。

大手予備校の登録手続き料(事務手続き費)と同レベルの費用で、高スコアを狙える本教材に、ご利用者の皆様から高いご評価をいただいております。

 B:OGを繰り返し解いてほぼ全問正解なのに本番では結果が出ない方

大手予備校で基本的な解答テクニックを習得し、Official Guideを覚えるほど繰り返してほぼ全問正解なのに、本番でスコアが伸びない・・・。

例年夏の終わりごろから秋、そして冬にかけて、こうしたお悩みを持つ方々にエッセイ・ライブラリーのオリジナル教材をご購入いただいております。

Official Guideを覚えるほどやってもスコアが出ない理由は、明白です。

それは、問題文と選択肢を見た瞬間に、その問題の不正解と正解の選択肢およびその理由を思い出し、その”記憶” に従って不正解の選択肢にケチをつけ、正解の選択肢を選んでいるためです。つまり、ある特定の問題について単に”記憶している解答プロセス”を思い出しているに過ぎない行為を、GMAT解答プロセスの訓練と錯覚してしまっているからです。

この正解・不正解の記憶に頼った訓練方法では、確かにOfficial Guideの問題の正解率は極めて高くなります。しかしながら、、 正解・不正解の記憶が存在しない、初見の問題ばかりの本番ではほとんど役に立ちません。

それでは、初見の問題を新たに購入して訓練すればよいのでしょうか。それでも根本的な解決にはなりません。結局は、その問題の解答プロセスを覚えてしまい、 同じことを繰り返すことになってしまうからです。

エッセイ・ライブラリーのオリジナル教材では、知っている問題であろうと初見の問題であろうと、どんなSCやCR問題にも共通して適用できる普遍的な”定石”や”型”を ご提供いたします。初見の問題ばかりの本番で役に立つ実力は、結局どんなSC問題やCR問題にも共通して適用できる解答プロセス=”定石”や”型”を身につけることに他ならないと確信しているからです。

そして、この”定石”を身につけるには、すでに解答を覚えてしまっているOfficial Guide問題が役立ちます。ただし、”記憶”ではなく”定石”で 問題を解くことが重要です。オリジナル教材では、OG全問について定石を用いた解法を紹介しています。この方法により、従来より明らかに頭をフル回転させているご自身にきっと気がつくはずです。実際、極めて多くのご利用者から、 『今までいかに頭を使わずOG問題を解いていたのか実感した』『もっと簡単に正解にたどりつけるのに・・と最初は感じたが、結局本番で役立つ力が身に付いた』 というご感想をいただいております。

オリジナル教材でご提供する”型”を習得するのに時間はそれほど必要ではありません。2週間から3週間という短期間で十分マスター可能です。

日々のOfficial Guideの反復練習では高正解率なのに本番でスコアが伸び悩んでいる方、Official Guide問題は覚えてしまったために学習効果がなくなってしまったのではないかと お悩みの方にこそ、オリジナル教材を強くおすすめいたします。

 C:TOP校狙いで高スコアが必要な方

最近のTOP校における合格者スコアの高さを反映し、600点台後半から700点オーバーのGMATスコアを獲得し、TOP校への合格を確かなものにしたいとお考えの方にご利用いただいております。

社費で合格校のランキングに制限がある方、私費で今後の転職に有利なTOP校のみを狙う方に、エッセイ・ライブラリーCR/SC教材による正解率向上とスコアアップの高い効果を認めていただいております。

エッセイ・ライブラリーは、2008年度より一部上場企業様(社費派遣用教材として)との直接のお取引も開始いたしました。

 D:予備校のGMAT対策コースや独学ではスコアが伸び悩んでいる方

予備校のGMAT対策コースとは一味違うエッセイ・ライブラリー独自のロジックパターンを利用したCR高速解答やSC減点メソッドにより、スコアが大幅に上昇したというご利用者からの声を多くいただいております。

高スコア獲得に必要なskillがまとめられているため、本番試験直前のおさらいや対策にも高い効果を認めていただいております。 予備校や独学でのGMAT対策で点数が伸び悩んでいる方のスコア・アップに、高い実績を保有しております。

 E:1st出願を目指す方など早くGMAT対策を終えたい方

1st出願をお考えの方、リスニング・スコアが出ないためTOEFL対策に集中したい方など、 時間と労力のかかるGMAT対策を早く終わらせたい多くのMBA受験生の方に、本教材はご利用いただいております。

MBA受験は時間との戦いでもあります。また、GMATだけで合格が決まるわけではありません。GMATを早く終了させたい方々に、本教材のメリットをご評価いただいております。


 オリジナル教材ご利用者の声

エッセイライブラリーのGMAT教材をご利用いただいた方の感想をご紹介いたします。(手書きのご感想をお寄せいただいた方については、直筆文もそのまま掲載しております。)

 千葉県在住 T・Sさん

SC教材では、減点基準が明確化され、CR教材では選択肢を切る判断基準が確立された。

おかげで本番では悩む時間が激減し、リーディングに時間をかけることが可能になりました。

 東京都在住 S・Tさん

SC教材は、非常に実践的で、限られた時間の中で解答しなくてはならないGMAT本試にて、効率よく解答できるコツを学べました。

また、CR教材も非常に良くできており、正解率の向上につながっていると思います。

 神奈川県在住 Oさん

おかげさまで、伸び悩んでいたGMATで740点を獲得しました!

最初の受験で650点を取って、700点オーバーも軽いと思って臨んだ2回目の試験で620点。 相当落ち込み焦りましたが、エッセイ・ライブラリーさんのオリジナル教材をいただき地道にパターンの習得に努めました。その甲斐あって、あれだけ悩んだのが嘘のように一気に740点を獲得することができました。

 東京都在住 渡辺 和明さん

CRの教材が最も役立ちました。感覚的な解き方しか出来ていなかった為、「パターン化」を暗記することで正解率がぐっと上がりました。

つかれも出てくる本番後半の取りこぼしが少なくなったように思います。

 東京都在住 A・Sさん

「GMAT SC イディオム・ルール集」では、消去法ではなく減点スコアメソッドによってチェックしていくという明確なプロセスが、システマチックでなるほどな、と思いました。「GMAT680-700点を実現させる教材」では、CR設問形式をさらにパターン別にロジカルに解説しており、この土台となる思考パターンを身につけ、解答プロセスをスピードアップしてこそ、 高得点が狙えるのだなと感じました。

いずれにせよ、オフィシャルガイドの問題を用いた応用例がある点で、当教材の各解法の価値を高めていると思います。

 福島県在住 H・Iさん

独学でGMAT対策を行っていたので、初めはただがむしゃらに過去問をこなしていただけでしたが、

教材のおかげで、正答にたどりつくパターンをつかむことができるようになりました。

 (匿名希望)

CRに苦手意識はなかったのですが、Verbalではいつも最後の数問をランダム・クリックしており、時間不足に悩んでいました。 予備校の教材や講義に加えて、御社の教材の方法を取り入れたことで着実なスコア・アップが実現できました。

GMATスコアが伸び悩んでいる全ての方におすすめします。

 東京都在住 Aさん

CRについて、パターンが非常に分かりやすくまとめられており、自習に役立ちました。

 東京都在住 K・Iさん

CRロジックパターンはGMAT Verbal学習においてたいへん役にたった。大手予備校のGMAT講座を受講していたが、そこでは基本的に正答の論理展開を解説するだけにとどまっており、ロジックパターンを分類するというアプローチではなかった。

ロジックパターンを意識しながら過去問を解くことによって、短時間で正答を見つけることができるようになった。

 東京在住 Sさん

わかりやすく、skillがまとめられているので、本番の直前対策に大変役立ちました。

 東京在住 森谷さん

特にCRについては世間に良いテキストが存在していないため、こちら(エッセイ・ライブラリー)の教材はとても有益だった。

 その他以下のような声を多数いただいております。

非常に分かりやすく役に立ちました。

教材の内容はとても良かったです。

CR(教材)は出題傾向を良く捉えており、大変わかりやすかった。

ありがとうございました!


ページトップへ戻る

エッセイ・ライブラリーのオリジナル教材

『とにかく忙しい方に、すぐ効くGMAT教材を!』がコンセプトのエッセイ・ライブラリーGMAT教材は多くの日本人MBA受験生の方々にご利用をいただいております。

オリジナル教材の申し込みは、本ページ最下部の『お申し込み画面へ』ボタンよりお願いいたします。お申し込み後、すぐに教材の入手と学習開始が可能です。

代金のお支払いは、教材を入手・ご利用いただいてからで結構です。



教材お買い上げの方には、教材を利用した毎日のGMAT勉強法をあわせてご提供いたします。スコア・アップを実現したMBA在校生・卒業生による、教材を利用した効果的かつ具体的な日々の勉強法を詳しくご紹介しています。


オリジナル教材は、PCおよびタブレット上で利用する電子教材です。

オリジナル教材は、以下のボタンにてお申し込みください。電子教材のため、お申し込み当日もしくは翌日から、教材の学習開始が可能です。


オリジナル教材は電子教材のため、印刷してのご利用はできません。


ページトップへ戻る